みんなが融資受けたい会社とはどこですか?

キャッシングベスト3

【ご質問】融資受けたい会社が最初に相談する場所のお勧めはどこ?

Q知人と共同経営でイベント会社をやっていました。共同経営といっても主な切り盛りは知人がしてくれていて、自分は専務とは名ばかりの存在でした。まあ、ちょっと人と違ったアイデアは出せるかなって程度で。それで知人だった社長の経営にだんだん納得できなくなって、独立しました。結局独立してみると、こんなに大変だったんだってわかったというお恥ずかしい話なんですけど。独立したばかりの小さい会社が融資を受けたいときに、最初に相談する所ってどこですか。

A専務までしてソコですか?ってくらいおんぶにだっこだったのかな?いや自分も最初は手探りだったからあまり人のことは言えませんが。最初に相談するところは政府系の金融機関の日本政策金融公庫は経営者に優しい融資制度が整ってます。条件によっては1500万円まで無担保で借りられる新創業融資制度というのもありますよ。それから商工会議所も資金繰りだけじゃなくて、事業計画やその後の会計処理や収支のことなどにも相談に乗ってくれます。

どこで開業するかにもよりますけど、地方自治体でも中小企業を応援するというかたちで低金利の融資を多数行ってます。都道府県によっては、その内容が詳細に分かれているので、一度地元の行政のホームページでも覗いてみてはいかがですか。自分の場合は無理やり法人にする必要はないのでは?というアドバイスをもらった経験もあり、最初は個人事業からはじめました。商店街の小さな八百屋さんなんかと同じ「商店」扱いですよね。最初は抵抗があったんですけど、プライドは捨てなきゃ生活は守れないと思ったんです。それで顧客もついて、これなら大丈夫と思った時に法人を設立しました。

ぼくは雑貨の卸なんかをしてますけど、公共事業とか大きな団体相手なら法人が対象ということも多いですけど、仕事内容がそうでもないなら一気に法人化しなくてもいいと思います。それもこれも商工会議所なんかで聞いてみては?そのような場所が全部無理だったというときは銀行に相談するかな。でも銀行こそ個人事業主にはシビアなんだよな~これが。だけど、地方銀行になると独自の創業資金融資制度なんかもあるから当たってみる価値はあります。

ダメもとでいろんなところに相談に行くことは、色んな人の意見が聞けるので自分にとてもいい経験になります。ネット上で、どこが良いかな~と探すより、事業を運営していく上で、直接生身の人間に聞いて行くことは自分と自分の会社のためになるんですよ。社員に給料が払えないとなったら最悪消費者金融で今月だけ切り抜けるなんてスレスレノことも自分はしてきました。”オレの会社”ですから、オレの足でオレが情報を集めるしかないと思いますよ。もちろん”何でも知ってる”系のおっさんに嫌味言われたりすることもあるけど、それもこれも自分のためだし、こんな人間社会に居るのかって勉強にもなる。それができないなら独立は止めた方がいいですね。

融資受けたい会社のランキング上位ってどんなところなんでしょう

一般的に融資を受けたい金融関係のランキングをみると、アコム、プロミス、モビットと続くようです。消費者金融なら人気ランキングや人気のある業者としていろんなホームページで紹介されていますね。ですが銀行はランキングというものはほぼありません。なぜなら、都市銀行や地方銀行を含めて、消費者金融より銀行の方がはるかに数が多く、そのサービスもまちまちです。それぞれが銀行としての守備範囲を淡々と守っているからということもありますし、消費者が銀行を選ぶ基準が、利便性であることが一番だからです。

ですから、人気がある借入というはなしになりますと、消費者金融のことになるでしょう。消費者金融は、サービスが一律で小口融資専門です。金利が会社によって上下が少々有る程度なので、比較しやすいですね。そして、どのサイトでも一番ヒットするのがアコム、プロミス、モビット等です。アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループに属している消費者金融で、クレジットのマスターカードの国内唯一の消費者金融事業でのプリンシバルメンバーです。

プリンシバルとは、アソシエイトのような意味で、仲間とか共同事業者のような意味が含まれいます。アコムがアコムマスターカードも利用できるようになったことで、お財布の中にカードが溢れている人たちは、一枚でも減らしたい。でもポイントなどは利用したいということで、上手に減らす方法があれば飛び付きます。そういう意味では借入とクレジット機能が一枚になることは、常用カードとしても魅力ということだと思います。人気女優を起用した明るいCMと、初回限定30日無金利キャンペーンを続行することで人気も引き続き高いのではないでしょうか。

そしてSMBCコンシューマーファイナンスとなったプロミス。プロミスは現在、正式名称をSMBCコンシューマーファイナンス株式会社といいます。プロミスという名前は無くなりました。と言いたいところですが、SMBCコンシューマーファイナンスのカードローン名”プロミス”として残っています。新生銀行がカードローンの商品名にレイクを残しているのと同じです。SMBCコンシューマーファイナンス株式会社は、他の大手消費者金融より金利が若干低めに設定されています。他社は利息18%となっているところ、SMBCは17.8%です。本当に少しですだけど、ちょっとでも低金利借入をしたいと思うのは誰しも思うことですよね。

そして、三井住友銀行グループのモビット。モビットはなんといってもWEB完結で大人気となりました。かつても現在も、誰にも知られず借入をしたいと願う人の救世主のような消費者金融となっています。
この3社でもわかるように、消費者金融はサービス内容が近々に競り合っていて、消費者が何を優先するかで決める以外にないと言ってもいいですし、逆にいえば審査に通るところを利用する。ということでもあります。あとは細かな電話対応の良し悪しや、落ちると思っていた審査に通った喜び等で人気も一喜一憂するという感じでしょうか。

たとえばモビットが初回限定無金利サービスを取り入れたら、顧客は爆発的に増えるでしょう。携帯電話会社がさまざまなサービスを駆使して顧客争奪戦を繰り返すことと同じです。結局、初回無金利が優先なのか、誰にも知られない事を優先するのか、若干の低金利が一番なのかは自分が決めることですね。名前の通った消費者金融なら、マスコミや消費者の目があるため、不誠実なこともできないのですから安心なのではないでしょうか。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2017 水商売でもキャッシング出来る!?そんな会社こっそり教えます! All Rights Reserved.